最新のお知らせ


2022年5月18日 : 「かっちゃん」にてキャンペーン


5月14日(土)
 豊田市のカラオケ喫茶「かっちゃん」にてキャンペーンをさせていただきました。ママさん手作りの「キャンペーンご案内」に励まされて店内に入りました。駐車場も専用スペースをとってくださり、ママさんの細やかな気遣いに感謝です!



 皆様、とても熱心に聴いてくださり、「竜さんの歌なら何でも歌えるよ。」という方もいらして、一緒に歌わせていただきました。

 

 最後に記念写真。笑顔溢れる皆様との再会を約束しました。「かっちゃん」のママさん、お集まりいただいたお客様、ありがとうございました!

2022年5月10日 : 「市川ゆたか歌謡祭」にてゲスト出演


5月8日(日)
 浜松市天竜壬生ホールにて、25周年記念の「市川ゆたか歌謡祭」が開催されました。古山博子さんと共に竜一樹もお招きいただき、ゲスト出演させていただきました。





「空っ風の寒太郎」で登場し、「大河・天竜川」では、美咲流家元 美咲妥和先生の踊りで華を添えていただきました。

 ご出演の皆様の熱唱、熱演と共に「お楽しみタイム」の演出など、明るく和気あいあいとした雰囲気で、楽しく充実したひと時を過ごさせていただきました。コロナ禍で心配も大きかったと思いますが、「25周年 歌謡祭」の開催!感動いたしました。市川ゆたかさん、ありがとうございました。これからもよろしくお願いいたします。

 
2022年5月9日 : 京寿しにて「竜一樹 歌の集い」


5月7日(土)
 豊橋市牛川通の「京寿し」さんにて「竜一樹 歌の集い」を開催しました。実は、2月に「新春歌の集い」として開催を予定していたにもかかわらず、コロナ蔓延防止重点措置が出されていたため、延期となっていました。
 この日、「豊橋ファンクラブ」の応援のおかげで50名余りの方々が参加してくださいました。参加された皆様にランチ「京寿し御膳」を味わっていただき、歌謡ショーが始まりました。
 第1部は着流し姿で登場し、まずは「空っ風の寒太郎」「大河・天竜川」を歌わせていただくと「かずき!」の掛け声や手拍子で盛り上がりました。


 
 続いて「歌の旅」と題して「南部牛追い唄」「月の法善寺横町」「長良川艶歌」そして「二俣の満月」と各地の名曲を聴いていただきました。


 
 第2部では、何と学生服で登場。「美しい十代」や「高校三年生」などの青春歌謡歌わせていただくと、歓声が上がり、一緒に口ずさんでくださいました。また、私の青春時代にあこがれた西郷輝彦さんの「十七歳のこの胸に」や「星のフラメンコ」等を歌わせていただき、大いに楽しんでいただきました。



 第3部は、「おまえを離さない」「哀愁平野」そして「君は心の妻だから」「契り」を歌わせていただきました。



 ダンスで盛り上げてくださるお客様も登場。
 また、一般歌唱コーナーでは、11名の方々に熱唱していただき、楽しく充実した集いとなりました。美味しいランチと素敵な会場を提供してくださった「京寿し」さん、そして豊橋ファンクラブの呼びかけでお集まりくださった皆様、本当にありがとうございました。






 


2022年5月2日 : ファイブ会&ガールズ カラオケ歌謡祭にゲスト出演


5月1日(日)
 焼津市総合福祉会館「ウェルシップやいづ」にて喫茶カラオケ♪ファイブハウスとブティックガールズ主催の「ファイブ会&ガールズ カラオケ歌謡祭」が開催されました。歌唱の部と審査の部があり、皆様それぞれの素晴らしい熱唱が繰り広げられました。
 地元ゲストコーナーで竜一樹も出演させていただき、「空っ風の寒太郎」「おまえを離さない」「哀愁平野」を聴いていただきました。



 増田空人先生が、特別ゲストとして招かれました。先生は、審査部門の審査をされ、最後に歌謡ショーで盛り上げてくださいました。先生の素晴らしい声とメロディーに大きな拍手!作詞家高島じゅん先生(ファイブハウスのママさん)と作曲家増田空人先生の新曲「男女の情恋(おめのじょうれん)」もご披露くださいました。
 最後に増田先生とツーショット!
充実した楽しい一日に感謝!ありがとうございました。
2022年4月25日 : カラオケ「Gステージ」にてキャンペーン


4月24日(日)
 静岡市葵区のカラオケ「Gステージ」さんにて「ふれあい歌謡祭」が開催され、その中で竜一樹のキャンぺーをさせていただきました。
 まず久仁京介先生&水島正和先生のオリジナル曲「おまえを離さない」「哀愁平野」等を聴いていただきました。
 続いて新曲「大河・天竜川」「空っ風の寒太郎」を歌わせていただき、「空っ風の寒太郎」では、「かずき!」の掛け声を掛けながら楽しく聴いていただきました。



 また、オリジナル曲以外に「君は心の妻だから」を聴いていただき、大きな拍手!皆様よく知っている名曲ですね。
 最後に地元の歌「さよなら水窪」「二俣の満月」を聴いていただき、静岡のカラオケ愛好家の皆様に竜一樹の歌を知っていただく良い機会となりました。「どれもいい歌ですね。」と多くの方にCDをお買い求めいただきました。
 Gステージのママさん、ありがとうございました。

 今回のキャンペーンは、焼津市「ファイブハウス」のママさん(作詞家 高島じゅん先生)が紹介してくださって実現しました。高島じゅん先生にも同行していただき、お世話になりました。

 

 帰りに「ファイブハウス」にもお邪魔させていただきました。5月1日(日)には、焼津市総合福祉会館「ウェルシップやいづ」にてファイブハウス&ブティックガールズ主催のカラオケ歌謡祭(歌唱の部&審査の部)が開催され、地元ゲストの一人として出演させていただきます。よろしくお願いいたします。